Translate

✿ 1・2・3月甲状腺検診のご案内 ✿


検診対象者:3歳以上

料金:3歳~20歳まで(お誕生日が1992年4月2日以降) 無料
   上記以外の成人 お一人 1000円

【寄付のお願い】
甲状腺検診につきましては全国の多くの方々よりご寄付、お力添えを頂いております。
子供達の未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力をお願い致します。
甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

検診申込み受付は窓口、電話、FAX、郵送にて承ります。
保護者氏名、住所、電話番号と検診を受けられる全ての方の氏名(ふりがな)
性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。

NEW‼ ベータ線測定器・購入のご協力について

***ベータ線測定器・購入のご協力について***

たらちねでは、ストロンチウム90やトリチウムという、測定することが難しいベータ線核種を測定しています。
http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/weekly_data.pdf

(福島第一原子力発電所沖1.5km地点の海水/魚などの放射能も測定しています)

今、たらちねには測定器が1台しかないので多くのみなさんに測定の順番を待っていただいております。2017年には、あと1台追加購入したいと考えており、ご支援者のみなさまに協力をお願いしています。
測定器機種はパーキンエルマー社製Quantulus GCT 6220 http://www.perkinelmer.co.jp/ri/tabid/213/Default.aspx です。

★測定機器購入というご指定でご寄付をいただいたみなさまは「カンタラスオーナー」としてお名前を公開させていただいております。
お手数ですがご寄付の際にお知らせください。(郵便振込用紙に『カンタラス寄付』と記入してください。銀行振込の場合はお電話・Eメールでお知らせください。


TEL・Fax:0246-92-2526  
Eメール:tarachine@bz04.plala.or.jp  
担当:こまつ

みなさまからのご寄付・ご協力をお待ちしています。
私たちの海を私たち自身で見つめていきましょう。


~寄付口座について~
《ゆうちょ銀行からのお振込み》
ゆうちょ銀行 02240-5-126296 トクヒ)イワキホウシャノウシミンソクテイシツ

《ゆうちょ銀行以外の他銀行からのお振込み》
東邦銀行 小名浜支店 店番号 605 普通預金 口座番号 1389887
トクヒ)イワキホウシャノウシミンソクテイシツ タラチネ

ペイパル寄付もございます。
日本語; http://www.iwakisokuteishitu.com/donations.htmlEnglish; http://www.iwakisokuteishitu.com/english/e-donations.html

「たらちね」は認定NPO法人です。
個人・法人・遺産相続からご寄付をいただいた場合、「寄付金控除」がございます。
詳しくはたらちね事務局にお問い合わせください。
TEL・Fax:0246-92-2526  Eメール:tarachine@bz04.plala.or.jp  担当:こまつ



 

 

NEW‼ 今中哲二講演会のお知らせ

被曝後のこれからを考える「いわき市の初期被曝評価研究に関する中間報告~今中哲二講演会」


 

2011年の原発事故から6年。東京電力福島第一原子力発電所の事故は今も現在進行形であり、海や山や大地に、そして人や動物たちの暮らす環境を汚染し続けています。
「たらちね」では2016年から今中哲二先生に『いわき市の初期被曝』の検証をお願いしています。いわき市の被曝は、人類が経験したことのない長きにわたる低線量被曝であり、特に3・11の初期被曝では、福島県内のどこよりも放射性ヨウ素131のプルームの影響を強く受けております。そこから心配されるのは人々の甲状腺をはじめとする健康被害です。私たちの故郷がどのように汚染され、被曝後の今、どうなっているのか知ることはとても大事なことだと思います。なぜならば、私たちはこの汚染された土地を子どもたちに託さなければならないからです。
低線量被曝の検証は健康被害の問題も含め、長期的に見つめなければ結論に辿りつけない長い作業です。
私たちも今中先生と一緒に、故郷が今どうなっているのか?知りたいと思います。
みなさまも、お誘いあわせの上、ぜひ今中哲二先生のお話を聴きにいらしてください。
たらちね一同、心よりお待ちいたしております。

日時:2017年2月26日(日)10:00開場 10:30開演~12:30終了
場所:いわき市文化センター1F大講義室(いわき市平堂根町1番地の4) http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1455001834298/index.html
参加費:無料*事前申し込みは必要ありません。
託児:あり/無料*託児ご希望の方は、たらちね事務局までお申し込みをお願いいたします。
問合わせ・託児申し込み:認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね
       ☎/FAX;0246-92-2526 Eメール;tarachine@bz04.plala.or.jp  担当:こまつ
主催:認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね/たらちねクリニック(いわき市小名浜花畑町11番地の3カネマンビル3F)
ホームページ:http://www.iwakisokuteishitu.com/
  English  :http://www.iwakisokuteishitu.com/english/index.html
フェイスブック:https://www.facebook.com/tarachineiwaki/

  English  :https://www.facebook.com/Mothers-Radiation-Lab-Fukushima-686021531546687/ 

今中哲二プロフィール
チェルノブイリ原子力発電所事故後の追跡調査を中心に活動し、東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故直後も迅速に追跡活動を開始。地域の人々と連携し被曝の実相について調査を継続している。
工学修士。広島県出身。京都大学原子炉実験所熊取六人衆の1人。
1973年(昭和48年) - 大阪大学工学部原子力工学科卒業。
1976年(昭和51年) - 東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了(原子力工学)。
1976年(昭和51年) - 京都大学原子炉実験所助手(文部教官)。
2007年(平成19年) - 京都大学原子炉実験所助教。
2016年3月 京都大学原子炉実験所助教 兼 京都大学大学院工学研究科都市環境工学専攻助教退官

研究分野:原子力学、環境影響評価・環境政策
所属学会:日本原子力学会、日本放射線影響学会
研究テーマ:原子力施設がもたらす環境影響に関する研究、広島・長崎原爆による中性子線量評価に関する研究

母親が広島で被爆した被曝二世であるが、原子力工学を専攻したのはそのためではなく、時代が高度経済成長にさしかかったころで、原子力が日本の将来に大きく貢献するというイメージにふりまわされたから、と述べている。大学院時代に原子力開発というのはなんとなく胡散臭いものだという部分が見えたから、就職後もそれを推し進めるのでなく、むしろその否定的な面に注目し明らかにしていこうと、一貫して"原子力をやめることに役に立つ研究"をおこなっているという。1978年(昭和53年)8月、愛媛県の伊方原子力発電所1号機の原子炉設置許可取り消しを求めて原発周辺住民35人が提訴した伊方原発訴訟を支援。日本で初めて原子力発電所の安全性が争われた中、科学者グループ(熊取六人衆、熊取六人組)の一人として活動した。2011年(平成23年)7月27日、衆議院厚生労働委員会の参考人として、東京電力福島第一原子力発電所事故に関連し放射線の健康への影響についての意見を開陳した。
~著書~
共著:小出裕章、久米三四郎ほか 『原発の安全上欠陥』 原子力技術研究会、第三書館、1979年1月。ISBN 4807491113。
『チェルノブイリ10年 大惨事がもたらしたもの』(1996年4月、原子力資料情報室)編:原子力資料情報室
『チェルノブイリ事故による放射能災害 : 国際共同研究報告書』 今中哲二編、技術と人間、1998年10月。ISBN 4-7645-0125-2。
共著:高木仁三郎、西尾漠、小出裕章ほか 『知ればなっとく脱原発』 七つ森書館、2002年3月。ISBN 4822802515。
『「チェルノブイリ」を見つめなおす 20年後のメッセージ』 今中哲二・原子力資料情報室、原子力資料情報室、2006年4月。ISBN 9784503171115。
ウラジーミル・バベンコ、ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所 『自分と子どもを放射能から守るには(日本語版特別編集)』 監修:今中哲二、世界文化社、2011年9月。ISBN 4418113185。。

New!! 12月の放射能測定結果を更新しました!!

2017年になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。
12月の測定結果です。
双葉郡からのご依頼がありました。まだまだ高い数値で検出されています。
また、β線では2016年9月に採取した、福島第一原発周辺の海水から、
ストロンチウムが検出されました!

皆様からの測定依頼をお待ちしております。
http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/weekly_data.pdf
✿ 1・2月甲状腺検診のご案内 ✿


検診対象者:3歳以上

料金:3歳~20歳まで(お誕生日が1992年4月2日以降) 無料
   上記以外の成人 お一人 1000円

【寄付のお願い】
甲状腺検診につきましては全国の多くの方々よりご寄付、お力添えを頂いております。
子供達の未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力をお願い致します。
甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

検診申込み受付は窓口、電話、FAX、郵送にて承ります。
保護者氏名、住所、電話番号と検診を受けられる全ての方の氏名(ふりがな)
性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。

NEW!! 11月の放射能測定結果を更新しました!!

今月は、いわき市内採取の猪肉、ひらたけ、ハイイロシメジから、セシウムが検出されました。中でも猪肉は、基準値を超える値です(122Bq/Kg)山の汚染はまだまだ深刻です。柿やゆずからもセシウム検出のものが数検体ありますので、自家品などを食べる際には測定をおすすめします!

※12月20日受付分まで、きのこ類とお米の無料測定キャンペーンを行っておりますので、この機会にぜひご利用ください!! (遠方からのご依頼も承ります)

http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/weekly_data.pdf

NEW!! <沖縄・球美の里>72次春休み保養募集開始しました♪



✿第72次保養 学童保養  3月23日~4月1日 募集中 
募集期間 2016121日~2017123


❖学童保養の対象者
福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小学校1年生〜中学校3年生までの児童・生徒。
原則として、通常学級に通う児童で、集団行動ができること、身の回りのことが自分でできること(夜は極度のホームシックにならず自分一人で寝られること)が条件となります。


障がいや疾患により継続的に服薬をしているお子さんについては、安全性への配慮から、保護者の同伴なしの受け入れはお断りさせていただいております。離島である久米島には総合病院のような十分な医療施設が整っていないため、万が一のときの対応ができない場合があります。不安な場合、不確かな場合には、必ず事前にご相談ください。

※重要※
《お子さまの健康状態のアンケートのご提出のお願い》
参加申込書とは別に参加希望されるお子さまの健康状態のアンケートを必ずご提出して頂きます。事前説明会に参加予定の方は当日、会場でご記入頂きます。事前説明会に参加されない方はメール又はファックスでアンケート用紙をお送り致しますので、いわき事務局までご連絡下さい。

2ヶ月前に事前説明会を郡山で1回、いわきで1回、開催します。
事前説明会はどなたでもご参加自由です。※出席は希望者のみ
ご興味のある方は是非お越しください。 

郡山会場1/14()労働福祉会館11:001時間程度
いわき会場1/21()小名浜公民館10:001時間程度

募集締切後、個別書類審査を経て、参加者決定のご通知をお送りします。応募が定員を超えた場合には、参加回数・年齢・性別などを考慮した上で抽選にて決定をいたします。定員に達しない場合には、引き続き補充募集をいたします。

参加決定後の説明会 ※全員必須
※参加するお子さまと保護者
いわき会場 2/25(土)10:30~12:00 文化センター(中会議室1)
郡山会場 2/18(土)11:00~12:30 日和田公民館(研修室) 

参加費    中学生 8,470円   小学生 7,930
※兄弟、姉妹でご参加の場合は料金の変動がございますので予めご了承下さい

キャンセル料金について
保養出発日の22日前までのキャンセル料金: なし
保養出発日の21日前~当日までのキャンセル料金:飛行機代金の50

出発の21日前に飛行機搭乗者名簿を提出します。出発の21日前に該当する日が土日祝祭日の場合は直前の平日になります。その場合は出発の21日前よりも早くキャンセル料金が発生いたします。

球美の里 HP : http://kuminosato.net/

申し込み先: FAX 0246-92-2526
        郵送:〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町11-3カネマンビル3階 
                  認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね気付 沖縄・球美の里 いわき事務局

Email : iwakijimukyoku@gmail.com   

必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。
※通信障害が多い為、郵送・FAX・メールいずれの申込みの場合も電話にて届いているかの連絡をお願い致します。


(*^。^*) お申込みをお待ちしております!
✿ 1月甲状腺検診のご案内 ✿


検診対象者:3歳以上

料金:3歳~20歳まで(お誕生日が1992年4月2日以降) 無料
   上記以外の成人 お一人 1000円

【寄付のお願い】
甲状腺検診につきましては全国の多くの方々よりご寄付、お力添えを頂いております。
子供達の未来を守るこのプロジェクトの運営活動に、寄付のご協力をお願い致します。
甲状腺検診には全国より協力医師がボランティアで参加して頂いております。

検診申込み受付は窓口、電話、FAX、郵送にて承ります。
保護者氏名、住所、電話番号と検診を受けられる全ての方の氏名(ふりがな)
性別、生年月日(西暦)、年齢、ご希望の日時をお知らせ下さい。

申込用紙はこちらからダウンロードし

放射線量のご報告

11月22日 6:30 福島県いわき市泉ヶ丘(室内)
測定器:環境放射線モニタ PA-1000 Radi(ラディ)
0.05μSv/h

今朝の地震に伴い、現在たらちねのFacebookにて30分ごとに空間線量のご報告をしております。
下記URLからご確認頂けます。

https://www.facebook.com/tarachineiwaki/?fref=ts


10月の放射能測定結果を更新しました!!


10月は新米の測定のご依頼を沢山いただきました。
測定したものは、すべて検出下限以下となっています。

いわき市小川町で採取した松茸から高い数値で検出されています。
きのこの無料測定キャンペーンも12月20日まで行っていますので、
是非ご利用ください!

http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/weekly_data.pdf

土田英順 東日本大震災復興支援チャリティーコンサート In Iwakiのお知らせ

土田英順” 東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート in  Iwaki 






2011311日の東日本大震災。あれから6年が経とうとしています。福島では原子力発電所の事故が起き、多くの子どもたが被曝による健康の不安を抱えながら生活をしています。2012年から「東日本大震災支援じいたん子ども基金」を立上げ300回を超えるチャリティコンサートを続けてこられ土田英順さん。たらねの活動にも長きにわたりご支援をくさり、子どもたの甲状腺検診や環境の放射能測定の活動を支えてくっています。音楽家として一流であるとともに、人としての温かさや力強さを感じる土田さんの素敵なチェロの演奏を、ぜひ聴きにいらしてくさい。201612月…冬の夜空の下で、ほっこりと暖かい心を実感できるひととき。ぜひ、コンサートにお運びくさいませ。
たらね一同、心よりお待申し上げております(*^-^*)



日時:20161216日(金)1800開場 1830開演~2000終了
場所:いわきアリオス 音楽小ホール(福島県いわき市平字三崎1-6
駐車場:あり(アリオス隣 いわき市営駐車場:無料)
参加費:999円 未就学児以下ひざ上鑑賞無料
座席:自由席
主催/申し込み/お問い合せ:認定NPO法人いわき放射能市民測定室たら
TEL/Fax 0246-92-2526 Eメー:tarachine@bz04.plala.or.jp
※アリオスチケットセンターでも取り扱っております。
電話予約 アリオスチケット センター TEL.0246-22-5800. 営業時間:10:0020:00(火曜日を除く)


土田英順 プロフィール
日本フィル、新日本フィル、札幌交響楽団の首席チェロ奏者を歴任。 ボストン響およびボストン・ポップスでも演奏。 
現在は、ソリストとして活躍し、年間何本ものコンサートスケジュールをこなす。 
被災地に滞在中、大津波の犠牲となった女性のチェロに出会い、主の友人達の思いによって、ボロボロになったチェロを譲り受け見事に蘇らせた。 
チェロの音色が天国まで届く事を願いながら、今日(こんにも被災したチェロを奏でる。 
全国各地での「東日本大震災チャリティチェロコンサート」は、300回をこえる。 
201212月、自ら「東日本大震災支援じいたん子ども基金」を開設。 基金は被災地の子供達のために使われる。 
2015年、札幌芸術賞を受賞 

沖縄・球美の里子ども保養プロジェクト 69次~71次保養参加者大募集中です(^^)


✾ 子ども保養プロジェクト『沖縄・球美の里』 ✾
第69次~71次保養参加者大募集中!


第69次 2017年1月17日~1月24日 申込受付 11/17まで
第70次 2017年2月7日~2月20日 申込受付 12/22まで
第71次 2017年3月1日~3月8日 申込受付 1/16まで

※定員に達しない場合は補充募集となります

(保養開始日時点で2歳6カ月以下のお子様は飛行機搭乗の際、保護者様のお膝抱っことなります)  

対象者: 福島県在住および高濃度汚染の近隣県に在住の小中学生と未就学児とその母親
      ※小学校1年生と2年生のお子さまに限り、保護者と同伴でご参加頂けます。


参加費:子ども一人 8000円前後(旅行保険・手続き経費等)
      ※兄弟、姉妹でご参加の場合は料金の変動がございますので予めご了承下さい

付き添い保護者:50,000円前後
(交通費自己負担・旅行保険・手続き経費等  滞在費と食費は無料となります)
※付き添いの保護者は女性の方のみ


球美の里 HP : http://kuminosato.net/


【申込・お問い合わせ】
TEL/FAX 0246-92-2526
郵送 〒971-8162 福島県いわき市小名浜花畑町カネマンビル3階 
          認定NPO法人 いわき放射能市民測定室たらちね気付 沖縄・球美の里 いわき事務局 宛
メール iwakijimukyoku@gmail.com


申し込み用紙はこちらから
必要事項をご記入の上、FAX、郵送、Eメールでお送り下さい。

お申込みをお待ちしております!

高垣洋太郎講演会のお知らせ

【遺伝と環境と健康 高垣洋太郎講演会のお知らせ】



みなさんは、遺伝学をご存知ですか?「DNA」や「ゲノム」…私たちの命そのものの学問です。ヒトの遺伝の仕組みや、日々の暮らし、その環境が私たちの健康にどう影響するのか?この度、遺伝学の専門家である高垣洋太郎先生に、「遺伝」と「環境」と「健康」について、わかりやすくお話をしていただけることになりました。生命の隅々にまでかかわるこのお話は、誰にとっても誠に興味深いものです。
これからの未来をどう生きるか…を考えるために、ぜひ講演会にお運びください。たらちね一同、心よりお待ち申し上げております。
日時:2016年12月10日(土)13:00開場13:30開演~16:00終了
場所:いわき明星大学 3号館 3‐301講義室
(いわき市中央台飯野5-5-1)
駐車場:有り(無料)
参加費:無料
主催/問い合わせ:認定NPO法人いわき放射能市民測定室たらちね(いわき市小名浜花畑町11番地の3)
/Fax:0246-92-2526 
Eメール:tarachine@bz04.plala.or.jp
ホームページ:http://www.iwakisokuteishitu.com/
高垣洋太郎プロフィール
1970年 3月 東京大学農学部農芸化学科卒業・酵素学教室(故今堀和友研究室)
1970年 4月 東京大学応用微生物研究所第一研究部
1972年 3月 東京大学大学院農学系研究科修了博士号取得
1972年 6月(半年間) 大阪大学蛋白質研究所共同研究員 酵素反応部門(故堀尾武一研究室)、
1975年 3月 東京大学大学院農学系研究科修了博士号取得
1975年 4月 日本学術振興会奨励研究員国立遺伝学研究所微生物遺伝学部(故廣田幸敬研究室)
1976年 10月 マサチュ-セッツ工科大学生物学・化学科ポスドク(故H.G.Khorana研究室)
1982年 6月  マサチュ-セッツ工科大学ガン研究センター研究員(利根川進研究室)
1989年11月  三菱化成生命科学研究所主任研究員を経て、分子免疫学研究室創設室長
1996年10月  北里大学医学部分子生物学単位主任教授(後に遺伝子学単位に改名)
途中医学部生化学単位主任教授、獣医学部教授、一般教育学部教授兼務
2007年4月 東京女子医科大学国際統合医科学インスティテュート特任教授、同運営会議議長
2011年4月 早稲田大学国際教養学部非常勤講師
2014年4月 日本薬科大学客員教授
日本生化学会評議員、日本免疫学会評議員、日本食品免疫学会評議員広報委員長
日本農芸化学会、日本ミトコンドリア学会、日本エピジェネティクス研究会、日本プロテオーム学会
専門領域:タンパク化学、遺伝子学、比較ゲノム学、免疫学、細菌学、統合医科学

9月の放射能測定結果更新しました!!

9月3日に第4回目のたらちね海洋調査を行いました。福島第一原発沖で、アイナメ・ヒラメ・海水・木くずを採取し測定した結果、ヒラメ一検体は検出下限値以下でしたが、その他はセシウムが検出されています。

今月のダストサンプリングも悪天候続きだったため、3校のみの実施でした。

新米の季節になりました! 玄米・白米の測定依頼お待ちしています。

http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/weekly_data.pdf